Project Description

大﨑 のぶゆき

Osaki Nobuyuki

2001 「京展2001」京都市美術館賞 受賞 京都市美術館
2002 「京都府美術工芸新鋭選抜展」京都府立文化博物館
2003 個展「皮膚呼吸」大阪府立現代美術センター
個展「Between Inside and Outside」クンストラウム・デュセルドルフ/ドイツ
大阪府芸術家交流事業「ART-EX」選出
2004 「版画の力」京都府立文化博物館
2005 「見る私/見られる私-京都市美術館コレクション展-」京都市美術館
2007 「版という距離」 京都芸術センター、京都
2008 個展「meltdown」京都芸術センター
2009 Exhibition as media 2009「drowning room」神戸アートビレッジセンター・兵庫
「第12回文化庁メディア芸術祭」 審査委員会推薦作品 国立新美術館・東京
2010 個展「dimension wall」 ギャラリーほそかわ・大阪
「あいちアートの森」東陽倉庫テナントビル・愛知
2011 「Haut. Mythos und Medium」クンストハウス・ハンブルク/ドイツ
2012 「scribble」YUKA TSURUNO・東京
「キュレーターからのメッセージ2012 現代絵画のいま」 兵庫県立美術館
「ポジション2012 この場所から見る世界」名古屋市美術館・愛知
「Forms in Flux」School of the Museum of Fine Arts Boston・ボストン/アメリカ
2013 個展「Trace Trip, Time Capsule」MIKIKO SATO GALLERY・ハンブルク/ドイツ
「アートがあれば II」東京オペラシティーアートギャラリー・東京
「VOCA2013」佳作賞 上野の森美術館・東京
「すくいとられたカタチ」名古屋ボストン美術館・愛知
2014 「伸延的地平线—2014日本当代艺术展」広州53美術館・広州/中国
2015 「TAIPEI DABADA」台北市植物園/台湾
個展「HAMBURG ON HAMBURG」MIKIKO SATO GALLERY・ハンブルク/ドイツ
「未見の星座-つながり/ 発見のプラクティス」東京都現代美術館
個展「Display of Surface-不可視/可視/未可視」 galerie 16・京都
個展「Reparatur-Trace Trip,Time capsule 」YUKA TSURUNO GALLERY・東京
「名古屋市芸術奨励賞」 受賞
2016 「となりの人びと-現代美術in春日井」文化フォーラム春日井・愛知
2017 「Noemi Weber/ Nobuyuki Osaki」Ludwig Forum Aachen・アーヘン/ドイツ
尾道市の芸術祭「海と山のアート回廊」絵の街館・広島
個展「マルチプル ライティング」ギャラリーほそかわ・大阪
大阪市「咲くやこの花賞」受賞
2018 個展「マルチプル ライティング」YUKA TSURUNO GALLERY・東京
「批評する身体:メディアと社会と表現と」アートラボあいち・愛知
2019 個展「ブエノス アイレス」Gallery PARC・京都
「六甲ミーツ・アート2019」六甲山・兵庫
「2019 Ars Electronica」リンツ/オーストリア
「もう一つの夏休み ふしぎな世界で、ミテ・ハナソウ」佐倉市美術館・千葉
「アイチアートクロニクル1919-2019」愛知県美術館
2001 Purchase Prize Kyoto municipal Museum of Art Award in “Kyo-ten 2001”
2002 “Selected Artists in Kyoto-2002” Museum of Kyoto/Japan
2003 Solo Exhibition”Cutaneous Respiration” Osaka Contemporary Art Center/Japan
Solo Exhibition”Between Inside and Outside” Kunstraum・Düsseldorf/Germany
Osaka Prefectural Govemment’s Artist-in Residence Program “ART-EX”
2004 “Power of Printmaking” Museum of Kyoto/Japan
2005 “Masterpieces from the Permanent Collection I: The Seeing “I” Kyoto City Museum of Art/Japan
2007 “Distance of Printmaking” Kyoto Art Center/Japan
2008 Solo Exhibition”meltdown” Kyoto Art Center/Japan
2009 Exhibition as media 2009 “drowning room” KAVC・Hyogo/Japan
Jury Recommended Work at”12th Japan Media Arts Festival” The National Art Center・Tokyo/Japan
2010 Solo Exhibition”Dimension Wall” Gallery Hosokawa・Osaka/Japan
“Aichi ART no Mori” Toyo Logistics Tenant building・Aichi/Japan
2011 “Haut. Mythos und Medium” Kunsthaus Hamburg/Germany
2012 Solo Exhibition”scribble” YUKA TSURUNO・Tokyo/Japan
“The Contemporary Paintings through the Curator’s Eye” Hyogo Prefectural Museum of Art/Japan
“Contemporary Art from Nagoya : The World seen from this Position” Nagoya City Art Museum・Aichi/Japan
“Forms in Flux”School of the Museum of Fine Arts Boston/USA
2013 Solo Exhibition”Trace Trip, Time Capsule” MIKIKO SATO GALLERY・Hamburg/Germany
“Why not live for Art? II” Tokyo Opera City ART GALLERY・Tokyo/Japan
Received the award of fine work in “VOCA 2013” Ueno Royal Museum・Tokyo/Japan
“FORMS IN FLUX” Nagoya/Boston Museum of Fine Arts・Aichi/Japan
2014 “The Expanding Horizon: An Exhibition of Japanese Contemporary Art” 53 Art Museum・Guangzhou/China
2015 “TAIPEI DABADA” Taipei City Botanical Garden/Taiwan
Solo Exhibition”HAMBURG ON HAMBURG” MIKIKO SATO GALLERY・Hamburg/Germany
“Constellations: Practices for Unseen Connections/ Discoveries” Museum of Contemporary Art Tokyo/Japan
Solo Exhibition”invisibility/visibility/non-visibility” galerie 16・Kyoto/Japan
Solo Exhibition”Reparatur-Trace Trip,Time capsule” YUKA TSURUNO GALLERY・Tokyo/Japan
Encouragement Award, Award for Artists from Nagoya City
2016 “Through the Window-Contemporary Art in Kasugai” Cultural Forum Kasugai・Aichi/Japan
2017 “Noemi Weber/ Nobuyuki Osaki” Ludwig Forum Aachen/Germany
“A Corridor of Art through the Seas and Mountains” Enomachi gallery・Hiroshima/Japan
Solo Exhibition”Multiple Lighting” Gallery Hosokawa・Osaka/Japan
“Sakuya Konohana Award” Osaka City
2018 Solo Exhibition”Multiple Lighting” YUKA TSURUNO GALLERY・Tokyo/Japan
“Attitude for Critic : Expression In-between Media and Society” ART LAB AICHI/Japan
2019 Solo Exhibition”BuenosAires” Gallery PARC・Kyoto/Japan
“ROKKO MEETS ART 2019” Mt.Rokko・Hyogo/Japan
“2019 Ars Electronica” Linz/Austria
“MITE・HANASOU -Another summer vacation in a strange world” Sakura City Museum of Art・Chiba/Japan
“Aichi Art Chronicle 1919-2019” Aichi Prefectural Museum of Art/Japan

推薦文

秋庭 史典(名古屋大学准教授)

自己とそれを取り巻く世界の不確かさをどう考えればよいのか。大﨑が一貫して向かい合ってきたのは、この普遍的で根源的な問いである。戦争、自然災害そしてコロナ禍がこの問いを一層先鋭的なものにしているいま、大﨑作品の重要性はさらに増している。それは、溶けていく壁紙・洗い流されるかのように消えるポートレート・結び目を解かれる星座といったものから、友人へのリサーチをもとに記憶が改変され再構築されるプロセスを開示する作品、さらにはブエノスアイレス在住の日系移民への取材を通し、他者の記憶への触れられなさ、にもかかわらずそれが自分自身と時空を超えてつながっていく感覚を4次元論的に表した作品へと展開している。基盤にあるのは、時空間相への意識である(*を参照)。21年5月から文化庁海外研修制度によりシュツットガルト(ドイツ)に滞在。コロナ禍のロックダウン後リカバリーを進めるヨーロッパで、時間と自己についての洞察をさらに深め続けている。

http://www.nobuyuki-osaki.com/text/text.htm

参加作家一覧
第3回PATinKyoto概要